<TECH PLAY女子部>新年の抱負LTをするつもりが、最終的には文章作成講座になっちゃった話。

TECHPLAY女子部新年LTのアイキャッチ画像

TECH PLAY女子部さんのイベント、「【2020年に達成したい目標がある人集まれ!】TECH PLAY 女子部 新年LT大会!」(2020年1月7日に開催)でLTしてきました!

TECH PLAY女子部、新年最初のLT大会を開催します!今回は【達成したい目標がある人限定】です。2020年こそはやりたいこと、挑戦したいこと、達成したいこと、今年の抱負をLTしてみませんか?自分だけではついつい怠けちゃう人もみんなの前で目標を宣言して共有してモチベーションを上げていきましょう!

イベントページの「概要」より

LTをしようと思った理由

「最近LTやってないなー、そろそろやりたいなー」くらいの気持ちだったときに、ちょうど良さそうな感じのLT会のお知らせを見つけたからです。

  • TECH PLAY女子部は、女性向けのコミュニティで、優しそうな雰囲気だったから
  • LT枠が空いていたから

ここなら運営さんも参加者も優しそうだし、わたしでもいけそう! ということで、えいやっと申し込みボタンを押して、LTしてきました。


LTをするにあたって、参考にしたのは栗田さん(Twitternote)の「猿でもわかるLT~はじめてのライトニングトーク~」というnoteの記事。

これを読むとね、LTできるような気がしてくるんですよ。できるんですよ。

今回のわたしのLTは、このnoteに書かれている「新しい知識をくれるLT」を目指してやりました。スライドの作り方も、このnoteの内容を自分なりに実践しています。

で、結論から言うと、LTやってよかったです。予想通り、みんな優しい。そして、ほかの人のLTも面白かった。わたしも今年がんばるぞー!!!という気持ちになりました。やってやろう、2020年!

文章作成講座になっちゃったLTの内容と説明

わたしがどういうLTをしたかというと、「今年はブログでアウトプットやります!毎月!」という宣言。

そしてあとは、新しい知識を得てもらえるかもしれないお話として、「文章作成3つの準備」を紹介しました。

今回は5分間のLTだったんですよ。でも結局スライドが45枚になっちゃって。一度通して練習してみたら、超早口でも5分15秒とかになるのでヤバイなー、とは思いつつそのまま本番です。

で、わたしのLTはやっぱり話すのがめちゃくちゃ高速になっちゃって、スライドの写真を撮ろうとしてくれた人が諦めてスマホを降ろしちゃうくらいでした。

ごめんなさい。LTの資料は共有したから安心してほしい。追加で解説もするから許してほしい。

LTの後半部分をゆっくり説明

LTのスライド1_文章作成3つの準備

これをやれば、文章を書きはじめられる!「文章作成 3つの準備」

「文章を書こうと思っても、意外と書けないよねー」みたいな話をした後で、この後半部分に入りました。元コピーライターが教える、ということで、みなさんよく聞いてくださったように思います。

今回ここでお話したのは、文章を書きはじめるその前のコツ、です。

LTのスライド2_いきなり書かない

まとめ: いきなり書かない

3つの準備、とか言っておきながら、さっそくまとめます。いきなり書かない。これが一番大事なことです。素人とプロの違いがここなんじゃないかと思うくらい。

LTのスライド3_いきなり書くとどうなるのか

準備せず書くとどうなるかというと…「筆が進まない」「自分自身に向けて書いちゃう」「わかりにくい文章になる」

いきなり書こうとすると、「筆が進まなくなる」人ってけっこう多いと思うんです。書きたいことは頭の中にある、アイデアはある、でも文章に変換できない。なぜ書けない。書きたい、でもなんて書けばいいのかやっぱりわからない。

そんな状況になっちゃう人を今までたくさん見てきました。書きたいことを整理できていないので、何からどうやって書けばいいのかわからなくなっちゃうんですよね。

仮になんとか書けたとしても、「自分自身に向けて書いちゃう」こともまた多い。基準が自分になっているんです。だから、専門用語をいっぱい盛り込んじゃったり、自分の中では当たり前だから説明をたくさん省いちゃったり。自分にしか通じない文章を書いてしまうことになります。

また、勢いで書いた文章は、「わかりにくい文章」になりがちです。「あれとこれとそんなことがあって…で?」みたいな。結局何が言いたかったのかわからない。いきなり書いちゃうとこうなる可能性が高くなります。

LTのスライド4_準備1_どんな人が読む?

そこで、準備その1。その文章は、「どんな人が読む?」を考える。

今から書く文章は、どんな人が読む文章なのか、ターゲットを自分で最初に決めてしまいます。いろんな人が読むだろうけど、でもその中でも、「こういう人向けに書こう!」って決めるんです。

すると、どういうレベル感で書けばいいのか、がわかります。これで少なくとも自分にしかわからない文章は回避できますよね。

「ターゲットを絞っちゃうと、みんなに読んでもらえなくなりますよね。わたしはみんなに読んでもらいたいんです」って言われることもあるんですが、みんなに向けて書いた文章は、誰の心にも残らないと思ってください。

読んだ後に気持ちが変わってほしい、自分の文章で何か感じてほしい、と思うなら、みんなにではなく特定の「あなたに書く」というやり方をおすすめします。

LTのスライド5_準備2_読んだあとどんな気持ちになってもらいたい?

そして、準備その2。その文章を「読んだあと、どんな気持ちになってもらいたい?」を考える。

例えばツールの説明をした文章なら、「この新しいツールを使ってみよう」と思ってほしい。とか。その文章を読んだあとに、どうなってほしいのかを思い浮かべることで、じゃあ「何を伝えればそうなってもらえるのか」を考えられるようになります。

LTのスライド6_準備3_そのために何を伝えればいい?

で、準備その3。ターゲットに文章を読んだあとそうなってもらうには、「何を伝えればいい?」を考える。

ここは付箋とかコピー用紙とかを使って、思いつくままにたくさん書き出すのがおすすめです。

例えば、今回のTECH PLAY女子部のLT会のことをブログに書くなら、

  • どんな人が読む?
    →TECH PLAY女子部のLT会に今回参加しようと思ったけど、(寒いとか仕事が忙しいとかひとりで参加するのはこわいとか何らかの理由で)参加しなかった女性エンジニア
  • 読んだあと、どんな気持ちになってもらいたい?
    →「次回は絶対行きたい」と思ってもらいたい

と仮に考えたとして、こんな風にいっぱい書き出してみます。

LTのスライド7_LT会に行きたくなるようなメリットをたくさん書き出す

「いろんな人のLTを聞けて楽しかった」「いろんな人のLTを聞いてたら、モチベーションが上がった」「女性エンジニアの知り合いができた」…など。

そしてこの中から、「これを伝えれば、きっとそういう気持ちになってもらえるだろう」というのをピックアップします。1つだけでもいいし、複数でもいいです。

LTのスライド8_モチベーションが上がるをメリットにする

まとめるとこんな感じ。今回は参加しなかった女性エンジニアに、絶対次は行きたいと思ってもらうために、「実際に参加したら、仕事やスキルアップへのモチベーションが上がるよ」って伝える。

どうでしょう、文章の大枠が決まりましたよね。何だか書けそうな気がしてきませんか?

ちなみに、”ターゲット”と、”どうなってもらうか”の部分を変えると全然違う文章になります。バリエーションは無限です。

「どんな人が読む?」の部分を男性エンジニアにしてみると…

LTのスライド9_男性エンジニア向けに書いてみる

男性エンジニアには「次は絶対参加したい!」と思ってもらっても困るので(女性限定のため)、書く内容も変わってきます。

例えば、「LT会に参加したかったけど、女性限定のコミュニティなので参加できなかった男性エンジニア」に、「そういうLTだったんだ、自分も今年の目標を立ててみようかな」と思ってもらうために、「みんなはこんなLTをしていたよ!」を詳しく書いて伝える。という感じ。

ね、全然違うでしょ?

LTのスライド10_書くことが決まればあとは流れを考えて書くだけ

これで、書くことの大枠が決まれば、あとは構成(流れ)を考えて、書くだけ!

書く内容はざっくり決まったので、あとはどういう内容をどの流れで書くかを考えて、読む人のレベルに合わせて書けばいいんです。

まあ、それがまた難しかったりもするのですが。じゃあ具体的にはどうやって書いていくか、っていうところは話し出すと延々と語れるので、また別の機会にしようと思います。

そこは、「ひとつの文に『、』は原則2つまで」みたいなすぐ実践できるコツから、すぐにはできるようにならないものまで、たくさんあるので。

まとめ: もっとLTやろう、ブログも書こう

今回自分のLTを録音したものを聞いてみたら、早口だし滑舌悪いし、聞く人に申し訳なかったなと思いました。LTは楽しかったけど、まだまだ修行が足りないので、今後もチャンスがあれば出させてもらって人前で話すのがうまくなりたいです。

あと、みんなの前で毎月ブログ書きます!って宣言したので、がんばって書き続けます。今のところイベントの記事が多いので、統計学とか数学とか、データ分析とか、そのへんのことも書きたいなと思います。今年中に!

おまけ(懇親会で聞かれたこと、話したこと、Twitterでツイートしてもらったことなど)

  • 「スライドのフォントかわいい」
    資料のフォントは「あんずもじ」。可愛いのに、それなりに読みやすいのでお気に入りです!
  • 「文章作成を教えてほしい」
    よろこんで! 例えば代わりに、iOSアプリ開発やネットワークのこと教えてもらえると嬉しいです(興味があり、今勉強中なので)
  • 「統計学や数学はどうやって勉強した?」
    まずは、”マンガでわかる!”みたいなとてもカンタンな本からはじめて、わかった部分から少し詳しい本をさらに読んでいくスタイルでやっています。大学で学んだことを忘れているので、勉強し直したいです…