眠気と、便秘と、腰痛と。<妊娠中のつわり・マイナートラブル>

第一子_妊娠出産_つわり_アイキャッチ

わたしのつわり

わたしの場合、今回の妊娠(第一子)では、妊娠6週目〜安定期に入ったあとの妊娠18週目あたりくらいまでつわりがあった。以下で簡単に紹介してみる。

つわりに関しては、本当に人それぞれ違うらしい。なので、参考にならないかもしれないから、「こんな人もいるんだな」くらいで軽く読み流してほしい。

つわりとは?
→妊娠初期の女性にあわられる食欲不振・吐き気・嘔吐・嗜好の変化などの症状。悪阻。(『明鏡国語辞典』第二版より)

つわり その1:終日、とても眠い

もうとにかく眠い。夜しっかり寝ても、さらに昼寝をしないと耐えられないレベル。

まだ自分が妊娠しているとわかっていないときから、「最近すごく眠いなあ」と眠気が強くなったことを自覚していた。妊娠前と後で一番変わったのは、この眠気が常に襲ってくることだった。

朝も夜も眠い。寝ても寝ても眠い。一日中寝ていたい。

つわり その2:空腹センサーがバグって終日満腹状態

これは妊娠6週目くらいから14週目くらいまで。その後も、出産するまでうっすらずっと残っていたかも。

お腹が、まったく空かない。

ずっと満腹な感覚がある。お腹は鳴るけど感覚的にはお腹いっぱい。

そんなのだから、食事の際には妊娠前の6割くらいしか食べられない。だってぜんぜん食欲が無いんだから。3口食べてお腹いっぱいになるときもある。

とはいえ、食欲が無いからって食事を抜くと、今度は空腹が極まって吐きそうになる。なので、食事の時間が来たら少しは食べるようにはしていた。

あと、食欲はないのに、日中わけもなく唾液がたくさん出るのにも困った。

つわり その3:食べたいもの・食べやすいものが限定されるし、短期間で変わることも多い

うどん。うどんが最高においしい。もうずっとうどんだけ食べていたい。こんなにうどんのこと好きだったっけ……これって恋? と思った翌日には、そんなにうどんが食べたくなかったりする。

なので、「これって神食じゃん! もうつわりの間はずっとこれを食べていよう!」って思っても、まとめ買いをしてはいけない。わたしは妊娠10週目くらいに溺愛したスッパイマンを箱買いして、その8割分くらい、賞味期限を切らしてしまった。ごめんなさい。

つわり中のわたしに言いたい。たくさん買うな。食べたいもの、食べられるものは数日で変わることが多いから。

つわり中においしかったもの(神食)ランキングー!

1位:マンナンライフのララクラッシュ(こんにゃくゼリー)を凍らせたもの
(これをスプーンで少しずつ削りながら食べるのが最高だった)

2位:トマトジュース
(これだけはゴクゴクとおいしく飲めた)

3位:スイカ
(延々と食べられた)

4位:パイナップル
(生のパイナップル1個を丸ごと買い、自宅でカットし、タッパーに入れて抱えて食べてた)

5位:上間菓子店のスッパイマン ※梅干しのお菓子
(お口の中がスッキリしてよかった)

6位:ヨーグルト
(ほどよい酸味で食べやすかった)

7位:タカナシ乳業のミルク寒天
(ひんやり&つるんとしていて、ほんのり甘くて、とてもおいしかった)

8位:冷えたおにぎり ※あたたかい白米は不可
(つくって1時間以上経ったくらいの、完全に冷えきったのがおいしく感じた)

9位:炭酸水
(比較的飲みやすかった)

10位:玉こんにゃくの煮物
(あっさりしているけど、味がしっかりついていて、食べやすかった)

マクドナルドのポテトなど、ジャンクフードが食べたくなると聞いたことがあるが、わたしはそうはならなかった。

つわりの時期は、比較的あっさりしていて冷たいものを好んで食べていたように思う。つわりが落ち着くと、次第に温かいものも食べられるようになった。

つわり その4:今までの人生で経験したことがないくらい、ひどい便秘

つわりで食欲が減って食事量も減り、その結果なのかもしれない。過去イチの便秘になった。

吐き気よりも、この便秘の方が15倍くらいツラい。本当に!

今まで便秘になったことがほとんどなかったので、大きい方が出ないというだけで、こんなにしんどいなんて知らなかった。便秘のことをやや馬鹿にしていて悪かった。便秘はキツい。ツラい。トイレに1時間以上籠城しても出ない時があって、トイレの中でひとり、変な汗をかいてふらふらになっていたこともある。

そして、出たとしても、お尻が痛い!

シャワートイレの洗浄機能で「やわらか」なんていうのがあって、以前は「”やわらか”なんているのか? ふつうのやつの、一番弱めにすればいいじゃん」って思ってたけど、ぜんぜん違う。別物。

やわらか、の優しさじゃなきゃだめだ。やわらか、は必要だ。

やわらかを開発してくれた人、ありがとう。妊婦の便秘のお尻が、やわらかで救われました。やわらか、ありがとう。

そんな便秘に一番効果があったのは、プルーン。カルディファームでドライフルーツのプルーンを買ってきて、1日1粒食べるようにしたら、かなり便秘が解消された。プルーンはすごい。鉄分もとれるし。

ちなみに、便秘と同時に頻尿にもなった。すぐトイレ行きたくなる。夜中もトイレに行きたくて、3時くらいに一度目が覚めてしまう。

つわり その5:常にうっすら吐き気があるが、吐くまではいかない

午前中は比較的元気で、午後からしんどくなっていく。そして、寝る直前ベッドに入る頃には”嘔吐する5秒前”くらい体調の悪さがMAXに。

とにかく、ずーっとうっすら吐き気がある。これが地味にキツい。

吐き気のせいで、仕事中もずっとしんどい。吐き気がひどいときは、仕事せず横になりたかったし、正直に言うと在宅勤務だったので積極的に横になりながら作業していた。

吐き気と同時に発生する、体のだるさ。これは、なんというか、体が重力に負けてしまっているようなイメージなのだ。横になっても、全身がソファーやベッドにめりこんでいる感じ。起き上がれない、重力がいつもの倍くらいかかっている気がする。体が重い。気持ち悪い。うーん。

つわり その6:お風呂の湯気や歯磨きで吐き気がする・吐く

日中ずっと吐き気があるものの、実際には吐くまでいかなかった。

が、特定の場面では嘔吐した。それが、お風呂の湯気と歯磨き。この2つはダメだった。

お風呂に入っているときは、湯気が充満しないように換気扇を回さないといけない。浴室が湯気でいっぱいになると、おえっとなってしまう。

歯磨きの際は、歯ブラシを口に入れただけで嘔吐してしまうことが多く、ちゃんと歯を磨けない。特に朝の歯磨きでは、よく吐いた。マーライオンみたいな感じで。でも軽く吐ける。ライトな感じでさらっと吐くので、そこまで苦しくない。

朝食にトマトジュースを飲むことが多くて、よく赤い液体を吐いていた。

つわり その7:一気に出てきた、すごい肌荒れ

これはつわりでバランスの良い食事をとれなかったのが一因かもしれないが、顔や体にぶつぶつが出た。

特に首のあたり。ぶわーっと一気に荒れて、なんとそこから出産するまで治らず。

出産後にちょっとマシになったけど、まだ肌荒れのあとが残っている。やだー!

つわり その8:閉じているところをムリヤリ広げられるような、腰痛

これはちょっとお腹が出てきたくらいの、妊娠中期、妊娠5ヶ月の18週目ごろから出てきた。ひどい腰痛だ。

もともと長時間のデスクワークで腰痛持ちだったのが、妊娠でもさらに腰痛に悩まされるなんて。

以前の腰痛は座っているときに痛くなったが、妊娠中の腰痛は、何もしていなくても痛い。

腰が痛くて夜眠れない、腰痛のせいで寝つきが浅くなる。

母子手帳の妊娠中の記録欄には、妊娠中期以降ずっと「腰が痛い」「ひどい腰痛」「腰痛、特に夜中」となど書いてある。歩くときも腰が痛くてしんどいので、いつも骨盤ベルトをつけていた。

痛さを表現するなら、こう、内側からググッと、じわじわと広げられている感じの痛さ。閉じている部分なのに、その入口に手をかけて、力づくで無理やり開こうとしていて痛い、って感じ。わかる……?


ざっとこんな感じ。

人と比べるものでもないが、そこまでつわりが重い方ではなかったと思う。ずっと吐いていたり、つわりで入院しないといけない人もいるのだから。

それでも、わたし程度のつわりでも、しんどいものはしんどかったが!

妊娠期間中、一番つらかったのが、このつわりがある時期。まだお腹が出ていなくて、まわりから見れば妊婦かどうかもわからない、そんな妊娠初期がとってもしんどい時期なのだ。

そして、まだ妊娠をまわりに伝えていない中、何食わぬ顔でつわりに耐えながら仕事をすることになる。

正直なところ、安定期だろうがそれ以外の時期だろうが、妊娠してからは、体調が万全!100%元気!なんて日は一日たりとも無かった。妊娠中は、出産するその日までずっと体調不良だった。

とにもかくにも、妊婦って、マイナートラブルが多くてうんざりするよ。なんだこれ。

お腹の中で人間を育てているんだし、むしろ体調不良なんか一切なくて、通常時よりももっと元気になるべきでは? 人間をつくった神様には、そこのところ考え直してほしい。

妊娠初期に買ったもの:葉酸サプリの「エレビット」

葉酸サプリの「エレビット」(Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

産婦人科で処方されていたピルと同じ製薬会社のバイエル社製だったので、安心かなと思い購入。1袋4000円くらいするので、ちょっと高いけど、妊娠初期から葉酸をしっかりとらないといけないらしいので、必要経費でしょう。

ちなみにエレビットには、つわりを軽減するというビタミンB6も入っていて、それでつわりが少しマシだったのかなあ、とも。本当のところはどうかわからないけど。少なくともわたしの体には合っていたので、第二子妊娠の際にもエレビットを飲もうと思っている。

同じシリーズの記事一覧

第一子_妊娠出産まとめ_アイキャッチ 第一子を妊娠・出産したので、10ヶ月のことを記録しておく<ギリギリ20代・社会人6年目・仕事しながらの妊婦生活>