高いけど、買ってよかったAppleWatch。<高心拍数の通知→病院→甲状腺の異常だった>

applewatchの通知で病院に行った話_アイキャッチ

わたしは医療関係者ではありません。あくまで患者側の視点でこの記事を書いています。ご自身の体調に不安があるときは、かかりつけのお医者さん・看護師さん・薬剤師さんへご相談ください。

わたしの、高いけど買ってよかったApple Watchはこちらのものです。

2022年3月末に、ビックカメラで4万8800円で購入。すぐ届きました!(2022年7月現在、5万8800円に値上がりしてるみたいです……)

「Apple Watch Series 7(GPSモデル)- 41mmミッドナイトアルミニウムケースとミッドナイトスポーツバンド – レギュラー ミッドナイトアルミニウム MKMX3J/A」

ただ立っているだけなのに、Apple Watchから高心拍数の通知が来る

2021年の冬に子どもが生まれまして。そりゃあもうかわいいので、この人のために新しいお家を建ててしまおうか、という話がわたしたち夫婦で出ておりました。

それで、今年2022年の4月くらいから、家を建てる計画を立てはじめます。どのエリアにしようか、戸建かマンションか、新築にするか中古にするか……。いろいろ夫婦で話した結果、「小さい子どもがいるなら、とりあえず戸建がいいかも。注文住宅を建てたいね」ということになりました。

そうして、4月末からGWにかけて、住宅展示場でいろんなハウスメーカーさんの楽しいお話を聞いていたまさにその時だったんですよね。左腕につけたApple Watchがブンブン震えだしたのは。

ハウスメーカーの営業さんが説明する「うちの工法は〜」みたいなのを、モデルハウスのサンプルを立って見つつふむふむと聞いていただけなのに、空気を読まないApple Watchが何度も”高い心拍数”とやらを通知してくるんですよ。それも一度じゃなくて、何度も。

「いやー、興味深い話で興奮しちゃったかな?」くらいに流してたんですけど、さすがに何度も通知が来るので横にいた旦那さんが心配しちゃって。

旦那さん

さっきから何度も何か出てるみたいだけど、どうした? 体調悪い?

いやまあ、モデルハウスのあちこちを営業さんと一緒に見て、かれこれ1時間以上いろんな話を聞いてるから、ちょっと疲れたといえば疲れたけれども……。別に何でもないよ、という顔をしてその場は流しました。

でも、ただ立っているだけで心拍数が125(軽い運動をしているときくらい)になるのは何でだろう?

気になりはしましたが、でも一時的なものだろうと思ってすぐに忘れました。

その2日後。今度は夜、食後にゆっくりソファーに座っているときに、再びApple Watchがブルっと震えて通知が来ました。また高心拍数!

その翌日も、そのまた次の日もApple Watchから高心拍数の通知が来て、「まあそんなこともあるよね」と流していたわたしも、これはいよいよ何か体調がおかしいのでは? とやっと思いはじめました。

applewatch_高心拍数の通知
こんな感じで通知が来ます。これはモデルハウスじゃなくて駅で電車を待っていたときに出た通知。もちろんただ立ってただけで、特に運動はしていなかったです。

そういえば、数ヶ月前の人間ドックで気になることを言われたような……

何度もApple Watchから高心拍数の通知が来るので、「頻脈 病気」で調べてみたわたし。

なんか心臓が悪いのかな〜と思ってあれこれ書いてあるWebサイトを見ていたときに、ふと「甲状腺の異常」というワードが気になりました。

そういえば。

今年2022年3月に人間ドックを受けたときに、結果説明をしてくれた医師から「例年よりも体重が低い」「中性脂肪とコレステロールが低すぎる」と言われていたのを思い出しました。

出産して、授乳があるので体重が減ることもある。が、中性脂肪とコレステロールが低いのがちょっとひっかかるなあ、と。先生は気になるようで、しばらく検査結果の紙をなでながらじっと見ていました。

「最近、急に体重が減ったりしていないですか?」「授乳や育児で体重が減っているだけかもしれないけど、甲状腺の異常の可能性もあるので。気になったら一度病院に行ってください」

と先生から聞かれたり言われたりしたものの、そのときわたしは「まあ授乳あるので体重減ってるだけかもですね! 元気なんで大丈夫です!」と流してしまっていました。

そんなことがあったのも、連日のApple Watchからの高心拍数の通知がなかったら、それで頻脈を検索して「甲状腺の異常」というワードを見かけなかったら、きっと思い出さなかったと思います。

何度も来るApple Watchの高心拍数の通知……

頻脈で検索したら出てきた「甲状腺の異常」……

人間ドック時に言われていた甲状腺の異常の可能性……

減り続ける体重……(妊娠前49kg、妊娠時56kg、出産後50kg、人間ドック時には45kg、GW後には44kg)

あっ、これやっぱり病院に行かないとマズいやつでは?

甲状腺の専門の先生がいる近所の病院へ→やっぱり甲状腺の異常だった

近所の病院で、週1で甲状腺の専門の先生が来るところがあったので、「とりあえずそこに行って聞いてみよ! 違ったら違ったでいいし!」と軽めの気持ちで行ってみました。

正直自分でも、ちょっと大袈裟かも、やっぱり一時的なものでは? と思っているところがあって。何でもなかったわ、って帰って旦那さんに報告しよう、と思っていたくらいです。

診察を受けると、「うーん、甲状腺が腫れている感じはしないですね。見た感じも、触った感じも」と先生。

しかし、わたしの指を何か小さな機器で挟むと(パルスオキシメーターだそうです、酸素飽和度と脈拍数が出ていました)、パッと数字が表示されて、ただ座っているだけのわたしの脈拍は130超。

「えー、今しんどい? 言われてみればちょっとしんどいかも? そうよね、とりあえず血液検査をしてみましょう、あと心電図も!」とあれこれ検査することになりました。

で、心電図では特に何も無かったようですが、血液検査の結果では、やはり甲状腺に異常があるという結果でした。

出産後、一部の人に甲状腺の異常が出ることがあるそうですが、まさにわたしはそれだったようで。甲状腺の機能が亢進していたせいで、頻脈になったり体重が減っていたりしていたようです。

といってもそんなに症状は強いほうではなかった(比較的軽かった)ので、薬を飲んで現在は落ち着いています。

しかし軽めだったとはいえ、もしこれを放置してひどくなっていたら、心臓に負担がかかってもっと大変なことになっていたかもしれません。

Apple Watchのおかげで、早い段階で診察を受けて薬で症状を抑えることができたのです。

Apple Watchからの通知がなかったら、きっと病院に行ってなかった

人間ドックで医師から指摘があっても気にせず病院に行かなかったわたしでしたが、Apple Watchから何度も高心拍数の通知が来たことがきっかけで、病院に行くことができました。

Apple Watchをつけていなかったら、自分の頻脈にはおそらく気づかず、「最近ちょっとしんどい、心臓がドキドキするけど、育児で疲れてるからかな……?」なんて流していたはずです。

高いけど、ヘルスケア機能も役に立ったから、やっぱり買ってよかったApple Watch。

そのほかの買い物系の記事はこちら(これは腰痛対策)

workaholic_アイキャッチ WORKAHOLIC(ワーカホリック)で高機能ワークチェアを買った話。