003.ChatGPTさん、SQLも書いてくれるんですか!

kawasehasui_yuuhi

今週のアート:川瀬巴水「池上市之倉(夕陽)」

[川瀬巴水] 池上市之倉(夕陽),『川瀬巴水版画集』1,渡辺画版店,昭和10. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/2586549 (参照 2023-01-20)

## 日本語で欲しいものを説明したら、ChatGPTさんがSQLで書いてくれるらしい、マジか。

ありがてぇー!

そんな夢みたいなことあるんですか!

いいなあ、そういう未来。しかももう来てるっぽい。

前回は、ChatGPTさんが、友達の少ないわたしの話し相手になってくれそう的なことを書いたんだけど、

ChatGPTさんはSQLまで書いてくれるなんて。

大枠を整理して考えるところまではやるから、SQLで書くところはぜひChatGPTさんにお願いしたい!

だって面倒くさいんだもん。

しかし、すぐに使えるわけでもなさそうで。

たとえばこんな記事も読んだ。

まあ、そんな感じよね、現時点では。

それでもすごい。ChatGPTさん、がんばって書いてくれてる。

ChatGPTさんはこれから寝ないで勉強できるんだし、きっとすぐにわたしを追い越してくれるよ。

ただ、使えるSQLを書いてもらうには、データが綺麗じゃないとだめなんだろうなあ。

どのテーブルにどんなデータがあって、どんな風に格納されているのか。それらが、きちんと整理されていること。

かつ、データが想定通りに欠けなく漏れなくダブりもなく入っていること。

そこが大変なんだが。

欲を言えば、テーブルの中身まで見て、

「このテーブルの、このカラムにはこんなデータがそれぞれこれだけ入っています。しかしこの値はちょっとイレギュラーですね、扱いに気をつけたほうがよさそうです」

……みたいなことを伝えてくれるモデルも、お願いしたい。

## ChatGPTさんは、キャッチコピーとかも書いてくれるんだろうけど。

わたしはデータ整備・集計の仕事もしつつ、たまに文章を書くこともある。

キャッチコピーを考える機会もあるけど、そういうのもChatGPTさんがやってくれるのかしら。

きっともう、ある程度はできるんだろうなあ。

いろんなモデルができていて、文章を書いてくれたり、絵を描いてくれたり、音楽をつくってれたり。

すごいよ。

じゃあもう人間が文章を、キャッチコピーを考えなくてよくなるのか?

っていうと、きっとそうじゃないんだろうなあ。

たぶん、今までは0%から100%まで人間がやっていたのを、

モデルが0%から60%くらいまではやってくれて、それを人間が100%まで整えて仕上げていく。

という感じなのかな、と思っている。わたしは。

ひとつキャッチコピーを書くにも、ものすごい量のインプットが必要だから、そこを手助けしてもらうとか。

100%の完成したキャッチコピーをポンっと出してもらってそれをそのまま使う、じゃなくて、土台にできるような言葉をたくさん出してもらう、とか。

コンピュータと人間が協力して、よりよいものをつくっていけそうな気がするね。

いいキャッチコピーができたときって、一見まったく関係ないものがうまく組み合わさっていることがよくあって。

そういう、飛躍させる部分は、まだまだ人間の仕事なのかなあ、なんて勝手に思っている。

 今週のアート:川瀬巴水「池上市之倉(夕陽)」

kawasehasui_yuuhi

[川瀬巴水] 池上市之倉(夕陽),『川瀬巴水版画集』1,渡辺画版店,昭和10. 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/pid/2586549 (参照 2023-01-20)

川瀬巴水さんの版画って、「川瀬巴水さんだなー」ってパッと見てわかるのはどうしてなんだろう。

色かな? 線の感じかな?

彩度が高い、というとちょっと違うんだけど。なんて表現すればいいのか。

わりとハッキリしているというか、主張が強めというか。

とにかく、パッと見ただけで、川瀬巴水さんの版画なのである。

その中でも、今回の、この夕陽の版画。素敵ー!

こういう、木が並んでいて、その間から月とか太陽が見えるパターン。よくある構図だとは思う。

ただ、夕陽がこんなド真ん中にあって、それでもダサくなってないのがすごいなあ、と。

絶妙なバランスなんだろうなあ。

次の記事

coming soon

前の記事

Le vallon. 002.ChatGPTに「データ整備がしんどい」と言ってみたら。